軽貨物ドライバー必見!2023年10月から始まるインボイス制度とは?

目次

インボイス制度とは?

インボイス制度とは、複数税率に対応した消費税の仕入税額控除の方式で、2023年10月1日から導入されます。 インボイス制度導入後、仕入税額控除を受けるためには、一定の要件を満たした適格請求書(インボイス)の発行・保存が必要になります。
適格請求書(インボイス)とは、売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるもので、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加された書類やデータをいいます。

軽貨物ドライバーにとってのインボイス制度の影響とは?

軽貨物ドライバーにとって、インボイス制度の導入により、請求書を発行する必要があるため、事務作業が増加する可能性があります。
インボイス制度の影響は、現在免税事業者である軽貨物ドライバーにとっては、今までは売上として計上していた消費税を売上に入れることが出来なくなるので、実質運賃の値下げとなります。また、軽貨物ドライバーは課税事業者である企業が顧客だったり、所属先の協力会社が課税事業者であるため、インボイス制度からの影響があります。

免税事業者から課税事業者になった場合、どのようなメリットがあるのか?

免税事業者から課税事業者になった場合、消費税の申告事務と支出負担の免除というメリットがあるため、有効に利用することが得策です。また、免税事業主のメリットは、売上には課税されないのですが、自社が請求する際には、課税して請求できる点です。
ただし、課税事業主のメリットとなる点は、仕入や経費での支払った消費税を差し引くことで計算されます。すなわち仕入や経費の消費税の方が、売上の消費税より多い場合は還付を受けることができます。

インボイス制度を導入することで、軽貨物ドライバーが抱える問題点とは?

インボイス制度を導入することで、軽貨物ドライバーが抱える問題点は、インボイス制度の導入により、消費税を受け取ることができるようになりますが、一方で、消費税の納税義務が発生するため、実質的な収入が減少する可能性があります。また、消費税の納付に関する手続きや記録の管理など、事務作業が増えることも懸念されています。

インボイス制度を導入することで、軽貨物ドライバーが抱える問題点を解決する方法とは?

インボイス制度を導入することで、軽貨物ドライバーが抱える問題点を解決する方法は、効率的な事務処理システムの導入やコスト削減策の検討などです。


インボイス制度について知っておくことで、軽貨物ドライバーの方々がより良いビジネスを展開できるようになります。

    よかったらシェアしてね!
    目次