チャーター便・企業専属便・定期便

チャーター便とは?

チャーター便とは貸切り便とも呼ばれ、特定の荷主様より荷物をお預かりし、積み替えなどせずにトラック一台を貸しきってお届けする運行です。 貸切便なら時間指定での配送が可能で、しかも積替えを行わず運行するので商品事故が少ないのが特徴です。
メリットデメリット
発時間・着時間の設定やルートなどを任意に設定することができる。
リードタイムの短縮と指定時間に荷物が届けられる
破損を防ぐための対策とまとまった物量を安全に運ぶことができる。
美術品、工芸品などの高価で壊れやすいもの、匂いの強いものなど、運送会社の得意な分野の荷物を適宜選んで発注することができる。
冷凍室などの車両を指定することで、食品・医薬品などの温度管理日が必要な荷物も送ることができる。
混載便に比べてコストが高くなる。
常温と冷凍・冷蔵の荷物を同時に送りたい場合は2台以上の用意する必要がある。
依頼する荷物が少ないときは、一個あたりの運賃は跳ね上がる。
常温と冷凍の荷物を同時に送る場合は、トラックを2台以上用意する必要があるため、さらにコストが大きくなってしまいます。

企業専属便とは?

お客様に成り代わり、ドライバーや車を用意し、お荷物の配送から伝票整理等まで幅広く対応できる言わば配送部門のアウトソーシングです。「企業専属便」は「納品代行」と考えることもできます。
メリットデメリット
常に安定した車両、人材の確保が可能です。
本来の業務(営業や、企画、デスクワーク)に充てるべきまとまった時間が確保できるようになるため、生産性を向上させることができる。
車両の購入費、維持管理費、人件費等のコストカットが出来ます。
本業以外の業務による社員のモチベーション低下を防げる。
慣れない作業での従業員の事故リスクを無くすことができる。
期間契約になりますので閑散期でもある程度のコストがかかります。

定期便とは?

定期便は、曜日、時間指定に合わせて、毎日でも、毎週でも、決まった時間に配送いたします。
365日24時間体制で、土・日・祝はもちろん、夜間の集配にも対応しています
メリットデメリット
一度ルーティンに組み込んでしまえば、運送会社に依頼する手間が省けます。
契約配送なのでチャーター便より運送費を安く抑えられます。
予め決められたスケジュールに組み込んで依頼しておけば、早朝や深夜などの時間帯やま なエリア対応などができます。
通常の配送ではコストがかさみがちな配送方法も選べます。
日に何度くらい納品するのか、1回当りの配達量のこと、所要時間といった現状の検討が必要になる。
出荷時間の制約ができる。
容器の回収や情報集収など配送以外の取引先との関係構築などが配送のついでにできなくなる。
    PAGE TOP